50代のきれいな着こなしのルールとは?

50代のきれいな着こなし

 

服を買ったけど、なんかしっくりこないということはありませんか?

 

おしゃれに見える大人コーディネートには法則があります。
50代の大人の着こなしのポイントを押さえることで、お洒落度がぐーんとアップします。
年齢に合ったアイテムを選ぶと服選びの失敗も防げます。
では、いつかの例を紹介しますね。

 

 

体形の崩れは隠さない

自信のない部分を隠そうとしてしまいますが、50代の素敵な着こなしを目指すなら、隠すのではなく目立たなくするような服を選びます。
例えば、細く長く見えるラインで作られた服や、色のコントラスト、縦のラインのデザイン体系をカバーするデザインを選ぶことですっきり見せて、隠したい部分も目立たなくなります。

 

 

顔周りは明るくする白

ベーシックカラーで全身をまとめてしてしまう50代ですが、
そこに白を合わせると雰囲気が明るくなります。

 

落ち着いた色のセーターに白のシャツの襟を覗かせたりすると、顔周りに透明感や清潔感が出て、一気におしゃれな雰囲気がアップします。

 

バランスはふんわり+スリムが基本合

 

トップスがふんわりだったら、ボトムはスリムに。
逆に、トップがスリムだったらボトムはふんわりとするといったバランスだと、全体がまとまった印象になります。

 

 

明るい色が苦手な人でも小物なら大丈夫!

一部分でも明るい色を持ってくるとコーデにメリハリがつきます。
明るい色が苦手な女性も、小物でぜひ明るい色を挑戦してみて!!

 

 

 

甘めとシャープのバランスも考える

甘めのフェミニン系だけに、まとめるのではなく、
甘めにシャープさをプラスすると大人のおしゃれになります。
例えば、シャープなジャケットに甘めなブラウスを取り入れたりするとバランスが良くなります。

 

 

年齢よりワントーン明るい色を

年齢を重ねると、どうしても肌の色がくすみがちになるので、肌の色で合わせると、顔映りが悪くなります。
自分の肌の色よりワントーン明るめの色を取り入れると、顔周りが明るくなり、若々しい印象になります。

 

 

 

便利なのは白!

色の組み合わせで迷ったら白が万能です。
白は首や顔まわりを周りを明るくしてくれます。
例えば、黒と白、グレートと白、ベージュと白など。
白は、ベーシックな色に何でも合います。

 

 

大人のジーンズは、ややゆとり感のあるシルエットを選ぶ。

ゆとりのあるシルエットなら足の形をカバーして着こなせます。
色は明るすぎず、やや濃い目のブルーがおすすめ。
ボーイフレンドデニムと呼ばれる、ゆとりのあるシルエットで裾がややスリムになったものがベストです。
ロールアップやブーツインでもかっこよく決まります。